コレステロールを下げる効果的な運動方法

運動で効率よくコレステロール値下げるの画像

悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化が進行するリスクが高まります。

これは脳卒中や心臓病などにかかる恐れもあるので、改善しなければなりません。

コレステロールを下げるために食事を見直すのはとても大切ですが、同時に運動も行うことでより大きな成果を出すことが可能になります。

運動で効率的にコレステロールを下げる方法

運動で効率的にコレステロールを下げる

有酸素運動で中性脂肪を燃やす

コレステロールを下げる方法として効果的なのが、継続的な運動を習慣化することです。

悪玉コレステロールは中性脂肪が多いと増える傾向にあるので、運動によって脂肪を減らすとコレステロールも下がっていきます。

20分以上の有酸素運動

脂肪燃焼に一番効果的なのが有酸素運動です。

これは酸素を取り込みながら運動を行うもので、20分以上続けると体内に蓄積した余分な脂肪を燃焼してくれます。

有酸素運動の代表がウォーキングで、歩幅を広くリズミカルに歩くのがポイントです。

週3のウォーキングが理想

視線を5mほど先に向けて、胸を張って腕を後ろに大きく振るように意識し、お腹にギュッと力を入れて歩きましょう。

少し呼吸が上がるぐらいのペースが脂肪燃焼に最も効果的で、呼吸が乱れすぎるほどに激しく運動する必要はありません。

週に3日ほどのウォーキングが理想と言われます。

ウォーキングをする時間がない人は諦めるべき?

ウォーキングをする時間がない人は諦めるべき?

現代人は何かと忙しくて、多くの人が運動不足気味です。

ウォーキングする時間があるなら苦労しないよ」と嘆く人もいるかもしれません。

体に異変が起こってからでは遅い

忙しいのを理由に体を悪くしたら、まともに働くこともできなくなります。

健康があってこそ、忙しい生活を送れるのです。

まとまった時間を作って歩くのが難しいという言う人は、無理する必要はありません。

日常生活の中でちょっとした工夫をしてみましょう。

健康という意識を持つことが大事

通勤電車で座らない、遠回りをして歩いてみる、休憩時間に喫煙をせずに外の空気を吸いに出るなどの方法はいくらでもあります。

エレベーターに乗らず階段を使うというのも、簡単でとても良い運動でしょう。

大切なのは、健康を考えて意識を高めることです。

毎日小さな積み重ねで効果が得られる

楽な道に進まず、「少し面倒だな」と感じる動作を敢えて行うことです。

20分以上の継続的な運動とまでいかなくても、毎日の小さな積み重ねで大きな効果は得られます。

痩せているのにコレステロール値が高い人は?

痩せているのにコレステロール値が高い人は?

見た目は痩せていても、コレステロール値中性脂肪が高い人もいるので注意が必要です。

お腹がたるんでいたり、ぽっこりと出ているという状態が見られるかもしれません。

隠れ肥満には無酸素運動が効果的

このような隠れ肥満の人は有酸素運動だけではなく、筋トレなどの無酸素運動を取り入れると効果的です。

無酸素運動を行うことで筋肉を増やすことができ、全身の代謝率がアップします。

筋力がつけば脂肪を落としやすくなり、コレステロールも下がるのです。

スクワットがおすすめ!

筋トレは色々ありますが、スクワット下半身の筋肉を強化するのが最もおすすめです。

肩幅に足を開き、両手を前に出して腰を低く落としていきます。

注意する点は、膝をつま先よりも前に出さないことです。

お尻を後ろに付き出すようなイメージで、お腹に力を入れ、お尻をキュッと引き締めることも意識しましょう。

無理せずに自分に合ったタイミングで

ウォーキングスクワットなど、どれも日常に気軽に取り入れられる運動です。

1~2日おきに運動をすると効果が高まります。

あまり難しく考えずに、簡単に始められるところから行ってみましょう。

運動も取り入れて効果的にコレステロールを下げる

効果的にコレステロールを下げる

コレステロールを下げるための運動の必要性

人間の体に付着している脂肪分は中性脂肪によるものです。

毎日の食事によって必要以上に脂質を摂取してしまうと、体脂肪が増加してしまいます。

食事改善だけでは期間がかかる

中性脂肪の増加悪玉コレステロールの増加にも繋がり、健康へ悪影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

コレステロールを減少させるための食事制限は効果的と言えますが、食事だけではある程度の期間を必要とします。

人によってはストレスに感じてしまうケースも少なくありません。

食事と運動を併用して体質改善にも繋がる

そこでより早い期間で効率よくコレステロールを下げるのにおすすめなのが、少し気合を入れて取り組む運動です。

食事制限と併用して運動を取り入れていくことで、コレステロールの減少以外にも体質の改善などの相乗効果も得ることができます。

ヨガによる悪玉コレステロールの減少

ヨガによる悪玉コレステロールの減少

コレステロールを下げるためにおすすめなのが、ヨガによる運動になります。

その理由の一つが、年齢を問わず体に負担を掛けないで行えることです。

ヨガは高齢者でも出来る

ヨガは呼吸や瞑想によって健康の促進や、心の安定を図ることから無理な運動はしません

そのため、足腰への負担も少なく高齢の人でも無理なく行えます。

正しい呼吸法で基礎代謝をアップ

ヨガによる呼吸法は、酸素の摂取量を増加させてくれたり、心肺機能が鍛えられて持久力が強化するといった様々な効果をもたらしてくれるのです。

これらの効果によって基礎代謝を高めてカロリーを消費しやすい体が手に入り、悪玉コレステロールの減少にも繋がります。

ホットヨガなら冷え性にも効果的

ヨガは、ジムなどに通って直接指導を受けるか、自宅で教材を見ながら行う方法が一般的です。

ホットヨガを選択すれば、女性に多い悩みの一つでもある冷え性の改善にも効果を発揮するのでおすすめです。

水中歩行によって基礎代謝を高めていく

水中歩行によって基礎代謝を高めていく

有酸素運動は、コレステロールを下げるために効果的な運動の一つです。

気軽に行える代表とも言えるのがウォーキングです。

もっと効果が出るのは水中歩行

通常のウォーキングでも脂肪の燃焼効果は得られますが、より高い効果を得たいと考えた時におすすめとなるのが水中歩行です。

プールのような水の中を歩くという行為は、水の抵抗によって通常のウォーキング以上に多くの運動量を必要とします。

体温上昇する力がエネルギーを消費する

また、長い時間水の中にいると体が冷えて体温が下がっていきますが、生命維持のために自然と体温の上昇を促してくれます。

通常のウォーキングに比べてより多くのカロリー消費させることが可能です。

コツを掴めば1ヶ月程で効果が出る

そのほかにも、水中歩行筋力アップによる血行の改善やダイエットなど色々な体質の改善にも役立ってくれます。

歩き方のコツさえ掴むことができれば、早い人は1ヶ月程度で効果を実感できるおすすめの運動です。

コレステロールを下げるサプリおすすめランキング!効果と価格で徹底比較実施

コレステロールを下げるサプリおすすめランキングBEST3

緑でサラナ きなり
吸収率と抗酸化力を加えたDHA・EPAサプリ!

きなり 緑でサラナ
コレステロールは野菜のチカラで下げられます!

コレステ生活 コレステ生活
悪玉コレステロール下げる機能性表示食品

▼コレステロールを下げるサプリメントを選びたいなら♪▼ コレステロールを下げるサプリはこちらから♪
>>コレステロールを下げるサプリメントはこちらから確認できます!<<

関連記事

バランスの良い食事の画像

コレステロールを下げるには食事方法の見直しが近道?

コレステロールを下げる食材

コレステロールを増やす食品・減らす食品は何?

コレステロールを下げる方法

あなたは大丈夫?コレステロール値を下げる方法

たばことコレステロールの画像

タバコも原因?定期的な健康診断でコレステロールをチェック!