悪玉(LDL)コレステロール下げるためには!食事・運動・食品は?

コレステロールを下げる方法

最近よく「コレステロール値が高いと危険」という言葉を耳にします。

コレステロールはダイエットでも敬遠される成分ですが、実際は体にどのような影響があるのでしょうか?

コレステロールには善玉(HDL)コレステロール悪玉(LDL)コレステロール2種類があり、それぞれ体に必要な役割を果たしています。

しかし、悪玉(LDL)コレステロールが増え過ぎてしまうと身体に悪い症状を引き起こすかもしれません。

健康的な体を維持するために、今回は悪玉(LDL)コレステロールを下げる方法について説明します。

どうしてコレステロール値が高いとダメなのか?

コレステロール値が高いとダメ?

コレステロールは脂質の一種で、血管の強化やホルモンの材料として体内で重要な役割を担っています。

ダイエットしている時には敬遠されがちですが、一定量のコレステロールは必要です。

しかし、コレステロールが増えすぎてしまうと様々な問題が生じてしまいます。

コレステロール値が高くなると血液の循環が悪くなる!

余分なコレステロールは血管の壁に付着して血管を狭め、血液の循環が悪くなりいろいろな身体の不調につながります。

だからこそ、コレステロールが高い人は注意する必要があるのです。

悪玉コレステロールは何をしている?

また、コレステロールには悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールの2種類があります。

悪玉(LDL)コレステロールはコレステロールを全身に運ぶ役割があります。

悪玉(LDL)コレステロールが原因で…

しかし、コレステロールが増えすぎてしまうと血液の循環が悪くなる原因となるため「悪玉(LDL)コレステロール」と呼ばれています。

一般的に増えすぎると良くないと言われているのは、悪玉(LDL)コレステロールです。
善玉コレステロールはコレステロールを血管から除去する働きがあります。

ポイントは3つ!悪玉(LDL)コレステロールが高くなる原因

コレステロールに注意が必要な食事

健康診断で悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われた場合、原因を追究して適切な対処をすることが大切です。

悪玉(LDL)コレステロール値が高くなる原因は主に3つあります。

1つ目は食事!

1つ目は最も大きな原因と言える『食事』です。

コレステロールを多く含んでいる肉・卵・油などを過剰摂取すると総コレステロールが増えるので、必然的に悪玉コレステロール値も高くなります。

中性脂肪は悪玉(LDL)コレステロールを増やす原因となり、炭水化物の過剰摂取も禁物です。

飲酒も悪玉(LDL)コレステロール増加に繋がる

酒の飲み過ぎもコレステロール値に関係しており、体内でアルコールを分解する時、中性脂肪が作られます。

そのためアルコールを摂取する度に中性脂肪が増え、悪玉(LDL)コレステロールも同じように増加してしまいます。

2つ目は生活習慣!

2つ目の原因は『生活習慣』です。

食べ過ぎや飲み過ぎによって摂取したエネルギーを運動によって消費すれば、コレステロール値にそれほど影響を与えずに済みます。

中性脂肪=悪玉(LDL)コレステロール増加

しかし、全く運動をしない人は中性脂肪が蓄積していくので、悪玉(LDL)コレステロールが増えやすい体となります。

体の機能を低下させる過度なストレス、血液の循環が悪くなるのを促進させてしまう喫煙も悪玉(LDL)コレステロールを増やす生活習慣の一種です。

3つ目は遺伝!

3つ目の原因として『遺伝』が挙げられます。

まれに両親からの遺伝によって生まれつき悪玉(LDL)コレステロールの高い人がいます。

遺伝による時は非常に危険なので、医療機関での治療が必要となります。

食生活改善で悪玉(LDL)コレステロールを下げる

食生活改善

悪玉(LDL)コレステロール値を下げるには栄養バランスの整った食事、適度な運動と快適な睡眠です。

そして、悪玉(LDL)コレステロールに悪影響を及ぼす飲酒喫煙は控えるなど規則正しい生活が望ましいでしょう。

肉・卵の取り過ぎに注意

たまに「中性脂肪が低いのに悪玉(LDL)コレステロールが高い」と悩む人がいますが、摂取エネルギーが少ないと中性脂肪は高くなりません。

しかし、肉・卵など高コレステロール食品を摂取していれば中性脂肪は低くても悪玉(LDL)コレステロールが高い状態になります。

肉や卵を控え、悪玉(LDL)コレステロールを下げる食べ物を摂取すると改善される場合があります。

余分な成分を排出してくれる食物繊維

効果的に悪玉(LDL)コレステロールを下げるには、食物繊維を含む野菜を摂取すると良いでしょう。

食物繊維は腸内環境を整える効果があり、余分な成分を体外へ排出してくれます。

食べた物を脂肪となる前に排出してくれるので、中性脂肪の付きにくい体を作ることが可能です。

ビタミンCやビタミンEの野菜が◎

さらに、野菜に多く含まれているビタミンCビタミンEは悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぎ、血管を狭めるリスクを下げることができます。

野菜の中でも特に効果が高いのはキャベツとブロッコリーです。

キャベツ・ブロッコリーが効果的

両者に含まれているSMCS(S-メチルシステインスルホキシド)という天然アミノ酸が、コレステロールを胆汁酸に変換する時に作用する酵素を活性化させます。

コレステロールの変換率を高め、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減らすことができます。

キャベツブロッコリーはビタミンCとSMCSを両方摂取できるため非常に効果的です。

そのSMCSを豊富に含んでいるのが、特定保健用食品でもある『緑でサナラ』になります!

『緑でサナラ』は野菜の力(SMCS)でコレステロールを下げる手伝いをしてくれるドリンクタイプの国が認めたトクホの製品になります。

▼コレステロールは野菜の力で下げる▼緑でサラナ>>特定保健用食品『緑でサラナ』の詳細はこちら<<

高コレステロールと野菜不足を同時に解消!

サプリメントで対応

高コレステロール野菜不足の悩みを同時に解消できる方法として、悪玉(LDL)コレステロール値を下げるサポートをしてくれるサプリメントを利用する方法があります。

サプリメントには悪玉(LDL)コレステロール値を下げる成分が含まれているので、不足している栄養素を補うことができます。

特に効果的なのは、悪玉(LDL)コレステロールを下げる効果のあると言われるSMCS(S-メチルシステインスルホキシド)という天然のアミノ酸が含まれている製品です。

サプリメントなら健康的に必要な成分を補完

現在販売されているサプリメントの多くは、悪玉(LDL)コレステロール値を下げる成分だけではなく、健康的な体を維持するために必要な栄養素が含まれている製品が多いです。

ビタミンCやビタミンEが含まれているサプリメントなら、野菜不足を助けてくれます。

野菜不足になりがちな人におすすめ

サプリメントで野菜に含まれている栄養素を摂取すれば、悪玉(LDL)コレステロール値を下げることにも繋がるので一石二鳥です。

野菜を摂取するのはレシピを考えることや、実際に調理をするのが面倒です。
そのため野菜不足に陥ってしまう人もいるかもしれません。

手間をかけずにリスクを回避したい人に

サプリメントは簡単に摂取できるものが多く、調理をすることなく服用すれば良いだけなので継続して利用することができます。

コレステロール値は安定した数値を保つことが非常に重要です。

手間をかけずに高コレステロールのリスクを回避したい人には良い方法と言えるでしょう。

しかしサプリメントはあくまでも栄養を補完するものです。
まずはしっかりした食生活をすることが大切です。

コレステロールを下げるサプリおすすめランキング!効果と価格で徹底比較実施

コレステロールを下げるサプリおすすめランキングBEST3

大正DHA・EPA< 大正DHA・EPA
青魚のサラサラ成分DHA・EPAを600mgも贅沢配合

緑でサラナ きなり
吸収率と抗酸化力を加えたDHA・EPAサプリ!

コレステ生活 コレステ生活
悪玉コレステロール下げる機能性表示食品

▼コレステロールを下げるサプリメントを選びたいなら♪▼ 携帯に便利でいつでも気軽に摂取できるサプリメントタイプ
>>コレステロールを下げるサプリのランキングの続きはこちら!<<

コレステロールを下げるドリンクおすすめランキングBEST3

きなり 緑でサラナ
コレステロールを野菜のチカラで下げる特定保健用食品

ヘルスマネージ大麦青葉青汁<キトサン> ヘルスマネージ大麦青葉青汁<キトサン>
コレステロール吸収を抑えるキトサン配合した特定保健用食品

ハイ!調製豆乳 ハイ!調製豆乳
コレステロール吸収を抑えるキトサン配合した特定保健用食品

▼コレステロールを下げるドリンクを選びたいなら♪▼ 必要な栄養素を充分にしっかり取りたいならドリンクタイプ
>>コレステロールを下げるドリンクのランキングの続きはこちら!<<

関連記事

コレステロールを下げる食材

コレステロール下げる食べ物と上げる食べ物に注意!

バランスの良い食事の画像

コレステロールを下げる効果的な食事方法ってあるの?

たばことコレステロールの画像

タバコも原因?定期的な健康診断でコレステロール値をチェック!

運動で効率よくコレステロール値下げるの画像

コレステロールを下げる効果的な運動方法