コレステロール・中性脂肪の知識を得て脂質異常症を予防しよう

1583476

「この前の健康診断、コレステロールの数値が高いって言われちゃって」

「私は中性脂肪の値が高かったわ。参っちゃうよね~」

こんなセリフを一度は耳にしたことがありませんか?

どちらもなんとなく健康に悪いものというイメージの方もいるかもしれません。

そこで今回は、意外と知らない脂質の基本について解説します!

 

中性脂肪?コレステロール?脂質の基礎知識を知ろう

chicken-1218968_960_720

生きるためには絶対に必要な脂質の基本

三大栄養素という言葉を聞いたことはありませんか?

炭水化物、たんぱく質、脂質の三つを指しますが、動くためのエネルギー源になったり身体の材料になるなど、どれも生きる上では欠かせない栄養素です。

 

中性脂肪は生きるための源!

中性脂肪コレステロールもこの中の脂質に分類される、それはそれは大切な栄養素なのです。

中性脂肪は生きるための大事なエネルギー源です。

私たちが食べすぎると身体に脂肪がつくのは、もし食糧難に陥っても動き続けられるよう、体内にエネルギーを貯蔵するためです。

1日2日食べなくても死なないのは、中性脂肪のおかげなのです。

 

コレステロールも必要不可欠な物

コレステロールも脂質の一種で、中性脂肪のようにエネルギー源にはなりませんが、体内でホルモンやビタミン、細胞、胆汁の材料になります。

また、コレステロールには血管を傷つけ動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールと、悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を減少させる善玉コレステロールの二種類があります。

 

脂質を摂りすぎるとどうなる?

脂質は生きるために欠かせない栄養素ですが、食べすぎや運動不足による身体への過剰な蓄積が問題となっています。

中性脂肪の過剰の原因は遺伝や疾病、たばこ、ストレスなど様々ですが、食べすぎと運動不足が最大の要因です。

中性脂肪は脂っこい物や、糖質の多い物

中性脂肪は脂っこいものだけでなく、ご飯やパン、麺類、お菓子など糖質の摂りすぎでも蓄積されます。

過剰なアルコール中性脂肪を蓄え、運動しないとエネルギーを消費せず、脂肪も落ちません。

 

脂質の取り過ぎは脂質異常症を引き起こす

コレステロールは肉や乳製品などの動物性食品や、卵や魚卵などコレステロールを多く含む食品を食べると増えます。

また、中性脂肪の過剰は、悪玉コレステロールを増やし善玉コレステロールを減らします。

脂質の過剰は脂質異常症を引き起こします。

 

放っておくと重大な疾患のリスクが上がる

これは中性脂肪コレステロールが基準値より高い(または低い)状態で、放っておくと血管にダメージが蓄積し動脈硬化が進行します。

そして、脳梗塞や心筋梗塞などの脳・心臓血管疾患という重大な疾患を引き起こす可能性が高まるのです。

その他、高血圧や糖尿病といった他の生活習慣病を合併するリスクも増えます。

 

今からできる正しい食習慣のススメ

中性脂肪コレステロールの過剰を防ぐには、正しい生活習慣を身につけるのが一番です。

早速実践できる食習慣のポイントについてご紹介します。

 

朝昼晩バランスの良い食事を

原則は規則正しくバランス良くです。

欠食が多いと脂肪を溜め込みやすい身体になってしまうので、朝昼晩三食きちんと食べましょう。

野菜は余分な脂質を排出し、また、悪玉コレステロールが血管を傷つけるのを防ぐビタミンCやポリフェノールを多く含みます。

 

肉中心より魚中心の食生活がおすすめ

肉類などの動物性食品を減らし、代わりにを多く取り入れましょう。

魚に含まれる油中性脂肪悪玉コレステロールを下げる効果があります。

また、お酒の飲みすぎは厳禁です。

脂質の良い面も悪い面も知って、上手に付き合っていくことが大切です。

 

食生活に気をつけて脂質異常症を予防しよう!

blood-1813410_960_720

血液がドロドロになる脂質異常症

脂質異常症とは、血液中に含まれるコレステロール中性脂肪などの脂質が一定の基準を超えている状態のことをいいます。

かつては高脂血症とも呼ばれていました。

「血液がドロドロの状態」と言えば分かりやすいでしょう。

 

動脈硬化のリスクが上がる

脂質異常症の主な症状としては、動脈硬化のリスクを高めるということが挙げられます。

高血圧の人が脂質異常症になると、血管壁が傷つきやすくなるので動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳卒中などになるリスクが高まります。

 

自覚症状がほとんど無いのが特徴

またインスリンの不足は血中での中性脂肪の増加につながるため、糖尿病の人は脂質異常症になりやすいという特徴があります。

脂質異常症は自覚症状がほとんどないので気づくのが遅れ、ある日突然に心筋梗塞などの発作に襲われてしまう人も少なくありません。

 

脂質異常症には3つのタイプがある

脂質異常症には主に3つのタイプがあります。

高LDLコレステロール血症はもっとも多く見られる症状で、悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが多すぎる状態です。

 

LDL値、もしくは総コレステロール値をチェック

健康診断結果などではLDLコレステロール値をチェックすることが大切です。

もしも健康診断などでLDLの項目がなかった場合には、総コレステロール値が高かったらLDLコレステロール値について検査することがおすすめです。

 

HDLが少ないと動脈硬化のリスクが高まる

低HDLコレステロール血症は善玉コレステロールであるHDLコレステロールが少なすぎる状態です。

HDLコレステロールが少ないと、血液中の余分なコレステロールが回収されにくくなるため動脈硬化のリスクが高まります。

 

中性脂肪が多いとLDLが増える

高トリグリセライド(中性脂肪)血症は中高年男性に多く見られる症状で、中性脂肪が多すぎる状態のことです。

最近の研究では中性脂肪が多いと悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが増加しやすいと言われています。

 

脂質異常症の予防は青魚や大豆類がおすすめ

脂質異常症予防するために必要なことは食生活に気を付けてコレステロールを下げることです。

特に現代の食事はおかずに肉類や揚げ物類など高カロリーのメニューが多いので、普通に食べているつもりでも、カロリー過多になりがちです。

 

脂質が少ない食べ物を取る

またケーキやお菓子など甘いものを食べる機会が増えたことも大きな原因の一つです。

そのため重要なことは、まず脂質が少ないご飯やパンのような主食の穀物類をしっかり食べることです。

そして肉類のような動物性脂肪控えめにしましょう。

 

魚に含まれている不飽和脂肪酸の働き

また動物性脂肪でも魚に多く含まれている不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

特にサバやイワシ、サンマといった青魚には多く含まれていますが、マグロの赤身やタイなどにも多く含まれています。

そのため、おかずに魚を積極的にとり入れましょう。

調理は焼き魚よりも刺身や煮魚の方がおすすめです。

 

水溶性食物繊維もコレステロール対策におすすめ

また大豆類などの植物性タンパク質には血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

そのほか食物繊維にはコレステロールや中性脂肪が腸内で吸収されるのを妨ぎます。

中でも野菜類、豆類、海藻類など水溶性食物繊維にはコレステロールを下げる作用がありますので、積極的にとるようにしましょう。

成分と価格を徹底比較!コレステロールサプリ総合ランキング

▼コレステロールが気になる方へおススメサプリを選びたいなら♪▼コレステロール>>コレステロールサプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<