「緑でサラナ」で気軽にコレステロール低下へ導く

5036470

コレステロールが気になる方は、どのような対策をしていますか?

緑でサラナは、多くの野菜を使用して作った特定保健用食品で、コレステロールの低下に効果的な飲み物です。

そこで、緑でサラナの特徴や成分、効果についてご説明しますので、参考にしてみてください。

 

野菜の力でコレステロール対策!「緑でサラナ」とは?

top-view-1248949_960_720

緑でサラナの特徴とは

緑でサラナは、8種類の野菜と2種類の果物が入った飲み物で、コレステロールが高い方や気になっている場合におすすめの特定保健用食品です。

飲むサプリとして、コレステロール低下など多くの効果を出しています。

 

野菜不足な方に気軽に摂取

体にいい成分にこだわり、砂糖や食塩、香料などは不使用で、保存料や添加物も入っていません

野菜の栄養価を逃さない特許製法で作っていることが特徴で、1日2缶を摂取目安量にしています。

 

忙しい日本人に打ってつけ

健康日本21で目標にしている野菜の摂取量は1日350gです。

日本人は約300gしか野菜を食べていなく、約50g以上不足しています。

緑でサラナでは、1日2缶目安で、野菜を約210gとることができるので、飲むだけで不足した分を補うことができるのです。

 

緑でサラナならではの成分とは

緑でサラナならではの成分とは、SMCS(天然アミノ酸)です。

通常、コレステロールは肝臓で胆汁酸に変化して排出されます。

その際に働く酵素を活性化させる働きがあるのが、天然アミノ酸であるSMCSです。

 

SMCSが多く含むアブラナ科野菜が多く配合

これが、体にたくさん入ると多くのコレステロールを排出することが出来ます。

その天然アミノ酸を多く含むのが、キャベツやブロッコローなどのアブラナ科野菜で、緑でサラナにはたくさん使われているのです。

他にもパセリ、セロリ、ホウレンソウなどの緑色の野菜、りんごとレモンが入っています。

 

フレッシュピューレ製法

また、熱を加えずにレモン汁で酵素の働きを止めて、原料をピューレ化する製法にしていることも特徴です。

このフレッシュピューレ製法にすることで、野菜の味わいをそのまま出すことができます。

 

緑でサラナならではの効果とは

緑でサラナならではの効果とは、コレステロールを下げることです。

コレステロールは偏った食生活で増えてしまいます。

 

天然アミノ酸はコレステロールの排出を促す

そこで、緑でサラナを飲むことで、成分として含まれる天然アミノ酸がコレステロールの排出を促すのです。

天然アミノ酸は、キャベツブロッコローなどに多く含まれ、野菜不足の場合は食事からしっかり摂ることができません。

よって、緑でサラナは野菜成分を補うために効果的な飲むサプリなのです。

 

1日2缶を飲み続けると効果が◎

臨床試験では、1日2缶を飲み続けると3週間ぐらいでLDL(悪玉)コレステロールが低下していく結果が出ています。

ビタミンEが入っているので、美容にも効果的です。

さらに食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境の改善もできます。

 

緑でサラナは気軽に飲めるサプリ

eat-321671_960_720

健康食品だから飲み方には制限なし

コレステロールを下げるサプリとして着目されている、緑でサラナは特定保健用食品としての位置付けがある健康食品です。

 

好きなタイミングで飲める

薬事法の影響もあって決まった飲み方が定められているわけではありません。

このタイミングで飲まなければ効果がないというわけでもないので気軽に飲むようにしましょう。

 

飲んですぐに効果は出ない

朝食や夕食などの食事のタイミングで飲んでも、おやつ代わりにしても問題ありません。

ただし、医薬品のように飲んだからすぐに劇的にコレステロールを下げる効果があるというわけではないので注意しましょう。

 

継続的に続けることが大事

継続的に飲むのが基本であり、毎日必ず飲む習慣を作るのが最も重要な事です。

飲み方には制限がありませんが、継続するように心がける必要はあります。

 

野菜だからこそ飲み過ぎも心配なし

飲み方に制限がないとはいえ、飲み過ぎは禁物ではないかと考える人もいるでしょう。

確かに大量に飲んでしまうと、お腹の調子がかえって悪くなってしまうリスクが全くないわけではありません。

 

緑でサラナは飲み過ぎても◎

しかし、コレステロールを下げる効果は医薬品と違って身体の調子を改善することによってもたらすものです。

なので、飲みすぎてコレステロールが下がり過ぎることがないのは、緑でサラナの特徴なのです。

 

たくさん野菜を食べたようなもの

基本的にはブロッコリー、セロリ、キャベツなどの緑系の野菜を使用しています。

たとえ飲み過ぎてしまっても野菜をたくさん食べたようなものだと考えることができるでしょう。

 

野菜不足になるよりは取り過ぎる方が良い

野菜不足になっている人が多いからこそ、このような成分を補充することによってコレステロール値の改善ができることが多くなっています。

美味しいと思ったら多少なら飲みすぎてしまっても大丈夫という理解をしておきましょう。

 

標準的な飲み方は1日1缶

緑でサラナをサプリとしてコレステロールを下げるために飲むにはどの程度が適切なのでしょうか。

その答えとして提供会社から提案されているのが1日1缶です。

 

1日1缶で成分が足りる?

野菜不足を補いつつ、有効成分であるSMCSを適切に摂取できるようにするには1缶で十分という設計にしてあります。

そのため、オフィシャルサイトでは定期購入サービスを実施していて、毎月30缶ずつ届けてくれるようになっているのです。

 

毎日1缶を日課にして効果を実感しましょう

緑でサラナの定期購入を利用すれば飲み忘れてしまうことも少なくなり、着実にコレステロール値に働きかけていくことができるでしょう。

忘れずに1日1缶というのを標準として考えて、もっと飲みたいというときには余分に購入して飲むというスタンスを持つのが賢明です。

毎日飲むタイミングを自分なりに決めて習慣づけるようにすると良いでしょう。

成分と価格を徹底比較!コレステロールサプリ総合ランキング

▼コレステロールが気になる方へおススメサプリを選びたいなら♪▼コレステロール>>コレステロールサプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<