放っておくと危険!コレステロールを下げる目的は?

GW079_L

健康診断などでコレステロールの値が高いと言われたことはありませんか。

そのまま放置してしまうと思わぬ病気のリスクを抱えることになってしまいます。

できる限りコレステロールは下げておいた方が良いでしょう。

 

コレステロールを下げる必要性

burger-1553287_960_720

コレステロールが病気の原因に

コレステロールは簡単に言ってしまえば体内に存在する脂質の一種で、中性脂肪と同じような取り扱いになっています。

 

コレステロールはホルモンの材料

コレステロールには細胞の膜を作ったり様々なホルモンの材料として使われます。

また、消化液である胆汁酸の材料として使われるなど色々な役割があるため、人間にとっては必要な栄養のひとつです。

 

過剰摂取で本来の機能が果たせない

これが過剰に体内に存在してしまうと血液の中にコレステロールがどんどん蓄積されます。

それにより、本来の機能を果たすことなく大量に漂ってしまうでしょう。

 

過剰摂取で病気のリスクが上がる

そしてこの状態になってしまうと最終的に様々な病気のリスクが上がります。

コレステロールを過剰に摂取してしまったり体内に存在していると言う事は健康面で危険だと言われているのです。

 

コレステロールが原因の病気とは?

実際にコレステロール原因で起きる病気のリスクとしてはどのようなものがあるのかと言うと、最も多いと言われているのが「高脂血症」です。

 

高脂血症は症状がないが放っておくと…

これは脂質異常症とも呼ばれていて、単体では特に何らかの症状があるというわけではありません。

ですが、そのままにしておくと色々な病気のリスクに発展してしまう状態であるため注意が必要です。

 

動脈硬化、高血圧になり易くなる

そして高脂血症から発展して起きやすい病気として知られているのが「動脈硬化」「高血圧」などの病気です。

特に動脈硬化は血管が固くなってしまうので心臓や脳などの病気を起こしやすくなっています。

高血圧も同様に心臓や脳に負担をかけてしまうことから重い病気に発展してしまう危険なリスクがあると言われています。

 

病気のリスクを回避するには

コレステロールが原因で起きる可能性のある病気のリスクを回避するためには、当然コレステロールを下げるように働きかける必要があります。

 

食生活をいつもよりヘルシーに

何もしない状態だとそのまま蓄積されてしまうため、コレステロールは食べ物から摂取を控えるようにする事です。

それ以上増える事を予防することができる他、薬や食べ物の工夫によって体内に蓄積しているコレステロール下げる事もできるのです。

 

適度な運動、禁酒・禁煙等の生活習慣の見直し

他にも運動をすることで消費したり禁煙・禁酒などの生活習慣を改善する事によってもコレステロールを下げる事ができます。

基本的には生活習慣を改善して、規則正しい生活をする事が最もコレステロールを下げるための対策となるでしょう。

 

心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中の原因

carrot-1085063_960_720

心筋梗塞とコレステロール値の関係

心筋梗塞とは、心臓の大事な血管が狭くなり、そこに血栓が詰まることで起こる心臓の発作です。

原因にはいくつかあり、主にあげられるのは、喫煙・アルコール・ストレス・偏った食生活です。

 

喫煙と偏った食生活

特に喫煙と、偏った食生活はコレステロール値を高くします。

コレステロールとは脂質の一つで、体内で多くなると血管に蓄積していき、そして血管が徐々に詰まっていったり、動脈硬化の要因となるのです。

 

欧米食は日本人にとってリスクが高い

コレステロールを下げることにより病気のリスクを下げることができます。

高いコレステロール値の原因は、前述したように喫煙や偏った食生活です。

特に今主流となっているアメリカなどの海外寄りの食生活は日本人にとって高いコレステロール値の要因となります。

 

脳梗塞の原因

脳梗塞とは、脳へ血液を送る血管が詰まるために起こる病気です。

脳の血管が詰まることで、脳へ酸素や必要な栄養がいかなくなってしまいます。

 

生活習慣を見直そう

日本人の死亡原因の第4位と言われており、誰しもなり得るものです。

脳梗塞の主な原因は心筋梗塞と同じく動脈硬化で、また高血圧や心臓病なども影響します。

脳梗塞は生活習慣病ですが、意識して生活することにより脳梗塞へのリスクを下げることができます。

 

コレステロールを下げるために食生活も見直す

飲酒、喫煙、運動不足、肥満、ストレスなどを生活の一部に抱えている人は注意が必要です。

また、脳梗塞も動脈硬化が主な要因ですので、食生活にも注意が必要となります。

コレステロール値を下げるために、肉の脂身や、乳脂肪、インスタント麺などを控え、野菜や、魚などを食べるようにしましょう。

 

脳卒中とは

脳卒中とは、実はひとつの病気ではありません。

脳の血管が原因で起こるいくつかの病気を合わせて、脳卒中と呼びます。

 

寝たきりになる原因第一位

脳卒中には二つのタイプがあり、脳梗塞のように血管が詰まるものと、血管が破れて出血するタイプです。

脳卒中は寝たきりになる原因の第一位と言われています。

助かったとしても、後遺症が残り、寝たきりになることが多い病気です。

 

高コレステロールは血管の病気に繋がる

脳卒中も心筋梗塞や脳卒中と同じく血管の病気ですので、要因はコレステロール値や高血圧などが主なものです。

ですから、やはり生活習慣に気を付けていくことが重要になります。

 

日頃から健康を意識する

特に何度も出てきたように、高コレステロールは病気のリスクが高く、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中を発症する確率を上げます。

日頃から健康的な食事と、適度な運動と飲酒、そして喫煙を心がけ、動脈硬化を防ぐことが非常に重要です。

成分と価格を徹底比較!コレステロールサプリ総合ランキング

▼コレステロールが気になる方へおススメサプリを選びたいなら♪▼コレステロール>>コレステロールサプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<