コレステロールを下げるサプリメントの成分、選び方は?

af9980019785

コレステロールを下げるためには、普段の生活から見直しが必要です。

根気が必要になってくるので、長続きが出来ない方も多いでしょう。

そんな時は、サプリメントでコレステロールを下げることもできます。

下げるための成分や、選び方を知ることで有効的に摂取し改善しましょう。

有効な成分が入ったサプリメントを使う方法

19958573

コレステロールは細胞膜を作る必要不可欠な成分です。

しかし、悪玉コレステロールが増えると血管が詰まり動脈硬化が進行してしまいます。

コレステロールを下げるには、様々な方法がありますが一番気軽に進められるのはサプリメントです。

 

DHA・EPAの作用は?

コレステロール下げる有効な成分は、DHA・EPA、納豆キナーゼ、SMCSです。

まず、DHAとEPAは魚油に多く含まれる脂肪酸です。

悪玉コレステロールを取り除いて善玉コレステロールを増加させる作用があり、血液内のコレステロールのバランスを整えることによって動脈硬化を防ぐことができます。

 

血栓の元のフィブリンを溶かす納豆キナーゼ

納豆キナーゼはネバネバ成分に含まれている酵素です。

その酵素が、血栓の元になるたんぱく質のフィブリンを溶かし悪玉コレステロールを減らします。

 

アブラナ科に含まれているSMCSとは?

SMCSはキャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に含まれている天然のアミノ酸です。

コレステロールは肝臓で胆汁酸に変化して体外に排出されます。

SMCSはその働きを活性化して肝臓で胆汁酸が合成されるのを促進する働きがあり、結果的にコレステロールを減少します。

 

無理なく摂取出来るサプリメント

これらの成分を効率的に摂取する方法としてオススメなのがサプリメントです。

毎日続けていくことが必要ですが、ただ闇雲にサプリメントで済まそうとせず、普段の食事にも気を使い、運動をするのも良いでしょう。

普段から飲酒をしている方は、肝臓に負担をかけないようにアルコールを控えることも大切です。

栄養面から下げる方法、サプリメントの選び方

7443452

コレステロール下げる方法というと、まず運動が挙げられます。

日々の運動が、コレステロール下げることに繋がりますが、元々体を動かすことが苦手な人や、運動をする時間を確保することが難しい場合には無理があるでしょう。

 

栄養面でコレステロールを下げるには??

難しい場合は、栄養面から整えていきコレステロール下げることを目指すのが理想的です。

食事を見直すことが基本ですが、自炊をしていない人や作る時間が無い人はサプリメントがオススメです。

利用する場合、効率の良くコレステロールを下げるよう選ぶのが大切です。

 

食事からも摂取できることを把握して含有量を見る

コレステロールが高くなると動脈硬化が進むので、DHAやEPAを取り入れる必要があります。

DHAやEPAは1日に1,000mg以上を摂取することが推奨されていますが、食事からも摂取できますので500mg程度取れれば効果が期待できます。

 

吸収率が高くされているサプリメントがある

また、サプリメントですので吸収率を高めるような工夫をしてあることが重要です。

同じような成分が含まれていても、吸収の仕方によって効果に大きな差が出ます。

製造工程で工夫がされていて吸収率が高くなるように考えられている商品であれば、効率良く取り込むことが可能です。

 

DHA・EPAは抗酸化物質が入っているかが重要

他にも、DHAやEPAの性質を考えると抗酸化物質が一緒に配合されているものが良いでしょう。

DHAやEPAは酸化しやすいので、製造してから時間が経つ毎にその作用は低下していきます。

 

効果は徐々に出てくるので継続することが大切

ビタミンEやアスタキサンチンが一緒に含まれていれば、酸化を食い止めることが出来るので、選ぶ際はそこをチェックすることをオススメします。

実際の効果は数カ月単位で少しずつ現れてきますので、継続することが大切です。