コレステロールを下げるオススメのサプリメントは?

コレステロールを下げる方法は、食生活、生活習慣の見直しなどが挙げられています。

忙しいと、なかなか改善出来なかったりするかと思います。

そんな時は、サプリメントに対しても視野を広げてみるのもひとつの手です。

コレステロール下げる方法は?スタチン系薬剤でも効果あり

11208451

 

健康診断でコレステロール中性脂肪が高いと言われたことはありませんか?

コレステロール下げる方法としては、まず食生活の改善が大切です。

改善するには、食物繊維の多い野菜類を取る、高カロリーなもの、油物の料理を控えることが重要になります。

 

 スタチン系薬剤は悪玉を下げる効果がある

食生活意外にも運動をする習慣をつけたり、サプリメントを利用する方法もあります。

実践しても効果が表れない時は、を使うと直ぐに効果が出てきます。

一つはスタチン系薬剤で、悪玉コレステロールを下げる効果が高く、ジェネリックでの販売もされているものもあります。

 

フィブラート剤は中性脂肪を下げる効果が◎

もう一つはフィブラート剤です。

中性脂肪を下げる効果が高く、善玉コレステロールを上げる効果もあります。

それらは直ぐに効果がでますが、その分、危険な副作用が出る可能性があるので注意が必要です。

 

危険な副作用「横紋筋融解症」

その副作用というのが「横紋筋融解症」です。

その発症は極めて稀ですが、脱力感、筋肉痛のような症状があり、赤褐色の尿が出るといわれています。

症状に気付いたらすぐに服用を中止し、病院へ受診してください。

自覚症状がなくても血液検査で兆候があった場合には、服用中止となることもあります。

 

定期的な受診や血液検査でコレステロールの改善を

コレステロール中性脂肪が高い方は、心筋梗塞や脳卒中の原因となりますので定期的に血液検査をしておくのも良いでしょう。

まずは食事、運動など生活習慣を見直し、そして適切な治療をして改善していくことが大切です。

コレステロールを下げるのにおすすめのサプリメントとその理由

17063753

中高年の人にとって、コレステロールは身近な問題として取り上げられがちです。

コレステロール値が高いと、動脈硬化をはじめ心筋梗塞、脳梗塞などの病気のリスクが高くなります。

 

手軽さからサプリメントがオススメ

病院で薬を処方してもらう事も可能ですが、まずは、サプリメントからスタートしてみるのも良いでしょう。
サプリメントは簡単に手に入れやすいですし、毎日続けやすいのでオススメです。
 

青魚に含まれている必須アミノ酸

コレステロール下げる成分のDHA、EPAは、健康な体を維持するために必要とされる必須アミノ酸です。
その必須アミノ酸は青魚などに多く含まれています。

ナッツ系にもコレステロールを下げる効果が◎

オメガ3脂肪酸も、コレステロール下げるのに有効といわれます。

摂取することで、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げ、動脈硬化を防ぐ効果があります。

オメガ3脂肪酸はナッツ類に多く含まれているので気軽に取り入れやすいです。

 

血栓を溶かす作用がある納豆キナーゼ

納豆に含まれる納豆キナーゼも効果があります。

悪玉コレステロールが高いと、動脈硬化になり血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

納豆キナーゼにはこの血栓を溶かす作用があるので、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐことができますので納豆はオススメです。

 

サプリメントで無理なく成分を取り入れる

DHA、 EPA、オメガ3脂肪酸、納豆キナーゼを摂ると、悪玉コレステロールを高くなるのを予防できるので取り入れたいところです。

ただ毎日、青魚、ナッツ類、納豆を食べるのは大変でしょう。

この問題を補ってくれるのがサプリメントです。

 

選ぶ際、成分だけではなく含有量もチェックを

有効な成分をサプリメントであれば、手軽に必要な量を取れるのがオススメの理由です。
選ぶ際は、入っている成分だけではなく、その含有量もチェックしてみるのも大切です。

成分と価格を徹底比較!コレステロールサプリ総合ランキング

▼コレステロールが気になる方へおススメサプリを選びたいなら♪▼コレステロール>>コレステロールサプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<